赤ニキビの治し方



赤ニキビについて

ニキビやニキビ跡の赤み、鏡を見る度にゆううつになりますよね。
ニキビの赤みを消すにはどうしたらいいのか、お話しします。

 

10代のうちは、肌のターンオーバーがさかんなので、
頬ニキビの赤みが長引くことは少ないです。
ただし、ニキビをつぶしたりして炎症がひどくなると、
クレーターの様なニキビ跡になったり、色素沈着することがあるので気をつけましょう。
ただ、そのような場合も10代の頃は、Tゾーンを丁寧に洗顔したり、
油分の摂取を控えることに気をつければ、時間をかけて治っていきます。

 

いっぽう、大人ニキビの赤みは、若い頃の様にターンオーバーが活発ではなかったり、
ニキビの原因が生活習慣やストレスであることも多く、
なかなか改善しません。
場合によっては、ニキビケアコスメを使っているのに何年もニキビの赤みが消えない、
ということもあります。

ですから、しつこい大人ニキビの赤みを消すには、
肌のターンオーバーをさかんにすることと、ビタミンCを肌の内側まで届けることが
重要になって来ます。
ビタミンCには、皮脂の過剰分泌を抑えたり、炎症を抑えたり、
メラニン色素の沈着を防ぐ美白効果があるため、ニキビの赤みを改善してくれます。

 

ニキビケアコスメを使ってもニキビの赤みが消えない人は、
ニキビケアコスメを見直してみましょう。
実はビタミンCは肌に浸透しにくいため、ニキビの赤みの原因がある肌の奥の層まで
届いていません。そのためニキビの赤みがいつまでも消えないのです。

 

ニキビやニキビ跡の赤みを消す効果の高さ、速さに定評があるのが
「ビーグレン」というニキビケアコスメです。
ビーグレンは、ビタミンCを肌の奥の層まで届けることを可能にしているため、
直接ニキビの赤みに作用し、驚くほどの速さで効果が実感できるそうですよ。

赤ニキビの治し方

ニキビを即効で治すには、どうすればいいのでしょうか?
ニキビの赤みの原因を知って、
頬ニキビを即効に効果的に改善しましょう。

 

ニキビの赤みは、血の赤色です。
うっ血してしまい、ニキビの周りが赤くなります。
また、ニキビの数が多いと赤みの範囲が広がって、
赤ら顔になってしまいます。
ニキビに起きた炎症で、赤ニキビが治った後もニキビ跡に赤みが
残る事もあります。

 

通常、ニキビはターンオーバー、つまり肌の生まれかわりを繰り返すうちに
薄くなっていきます。
しかし、いつまで経っても赤みがひかないと悩む方も多いのではないでしょうか?
なぜニキビの赤みがいつまでも引かないのでしょうか。

ニキビの赤みがいつまでも続く原因のひとつは、
肌の奥深くまで赤みが色素沈着してしまったことです。
この場合、かなりの数のターンオーバーを経なくてはいけませんから、
長期間にわたり赤みが消えずに残り続けます。
また、肌のターンオーバーに異常が生じている場合も、
うまく肌が生まれかわらないので赤みが続きます。

 

それ以外にも、ニキビの赤みをを消そうとしても、そのたびに新しいニキビができることを
繰り返しているような場合にも、赤みはいつまでも続いてしまいますよね。

 

 

link